新型コロナウイルス等
感染症の対策について

玉名市では、行政と宿泊施設が一体となって新型コロナウイルス感染症拡大防止を図る
「玉名クオリティ」認証制度に取り組んでいます。


「玉名クオリティ」認証とは?

新型コロナウイルスの感染拡大防止を前提に、衛生環境が整った観光地であることをアピールし、 さらなる誘客につなげるため、市内の宿泊施設に玉名市独自の衛生状態を確認するチェックリストを設け、 基準を満たした宿泊施設に対し「認証」を行うことで、 県内外から訪れる観光客へ安心して滞在していただける環境を提供します。

玉名クオリティ認定書

さらにランクが上の「玉名ハイクオリティ」認証も

「玉名クオリティ」認証のチェック項目をさらに細分化し厳しくしたワンランク上の「玉名ハイクオリティ」認証も設定し、基準を満たした宿泊施設に対し認証を行っています。

玉名クオリティ

先進事例の取り組みや、業界ガイドラインを参考に、 各施設の感染症防止策におけるベースライン全23項目を満たした宿泊施設

玉名ハイクオリティ

上記「玉名クオリティ」に加え、 業界ガイドラインにおける状況別・施設内空間別の感染症防止対策全48項目を満たした宿泊施設。

安心・安全な観光地であることを全国に発信「玉名クオリティ宣言」

玉名クオリティ宣言

宣言に先立ち、10月30日に行われた定例記者会見において、 「玉名クオリティ認証」を交付された宿泊施設を代表して 玉名温泉観光旅館協同組合理事長(さつき別荘代表取締役社長)吉永博之氏が 藏原市長と共に安心・安全な観光地作りを一丸となって推進していくことを宣言。

認証を開始した2020年8月1日から3ヶ月の間、玉名市と認証を受けた宿泊施設は、 定期的に情報を共有・意見交換を行いながら感染症防止対策の底上げに取り組んできました。 その間、玉名市内の宿泊施設では感染防止対策を徹底していたことから、 施設利用者や従業員から新型コロナウイルス感染者が発生することはありませんでした。
このことは、本市の宿泊施設における感染症対策・公衆衛生状況がハイレベルで保たれている証であると考え、 玉名市は市内宿泊事業者、市民、行政が一体となって 感染症防止対策に取り組んでいる観光地であることを宣言するとともに、 更なる安心・安全な観光地域づくりを推進することを誓い、同年11月1日に「玉名クオリティ宣言」を行いました。

玉名市ではこの他にも、 地域の人々と協力して、さらに安心・安全な観光地を目指していきます

玉名市を訪れる観光客の皆様へお願い

上記のように、玉名市では安心・安全な観光地を目指して取り組みを行っておりますが、
本市を訪れる観光客の皆様におかれましても、以下の点についてご協力をお願いいたします。

ご自宅でのお願い(旅行前)

事前に検温のうえ、体調が優れない場合は
ご旅行をお控えください。

マスクをご用意ください。

新型コロナウイルス接触確認アプリCOCOA(ココア)のダウンロードをお願いします。

観光地、宿泊施設でのお願い(旅行中)

必ずマスクを着用してください。
(※幼児または着用が困難な理由がある方を除く。 ※使用したマスクは、袋で包んだうえでごみ箱に捨ててください。 

咳エチケット、こまめな手洗い、手指の消毒にご協力ください。

人との間隔を空けてください。
(できるだけ2メートル、最低1メートル)

その他、各施設が求める感染症拡大防止対策へのご協力をお願いします。

また、新型コロナウイルス感染症対策分科会が提言する感染リスクが高まる「5つの場面」と 「感染リスクを下げながら会食を楽しむ工夫」等を参考にして、新しい生活様式の実践をお願いします。